めにゅー
とっぷ
キャッシングの実質年率って何?
キャッシングの返済方法は?
キャッシングした体験談

キャッシングの実質年率って何?

キャッシングを利用すると必ず関わってくるものが「金利」です。
それぞれの会社によって数値に違いはあるものの、
おおむね15~18%程度に設定されることが多くなります。
借りた金額に対しての割合で
「どのくらいの利息が発生するか」ということを表しているもので、
この数値いかんでは返済の負担が大きく変化してきます。

実は金利には2種類のものがあります。
1つは「実質年率」を表すもの、
もう1つは「アドオン利率」というものを表すもので、
それぞれの表示方法では
実際に発生する利息割合に違いが出てくる可能性があります。
今現在は実質年率で金利表記をするというルールになっているので、
あまり心配する必要はありません。
しかし、キャッシングを利用する際には一応どちらの意味合いで
表記されているのかを確認しておくと安心です。

実質年率とは、
「実際に年間に発生する利息や手数料など
すべての諸費用を含めた負担額」を表しています。
つまり、金利10%というキャッシングを利用して10万円を借り入れた場合には、
約1万円の追加費用(元金以外に支払う必要のなる金額)が
年間で発生してくるというものです。
書面上の数字そのままで良いので非常に管理が楽というメリットがあります。

Home

© 2015 All right reserved :知っておいて損はない!【21歳】大学生の私がキャッシングしました!